ぺるでゅえこーぜ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力発電に関して

珍しく真面目に書きます。



周囲に原子力発電反対論調が大きくなっている。

今回の原発事故を見て、当然考えられる現象だと思う。


「国内に原発は必要ない!」

「原発はやはり危険な物だった。今すぐ全て停止させろ!」

「原発を推進した人間が責任を取って事故処理をしろ!」


これこそがパニック以外の何物でもないのではないだろうか?

今一度、冷静になって考えてほしい。


今、関東地方を中心に計画停電が行われている。

しかし、停電せざるを得ない原因は「原発の停止」。

つまり、停電でまかなおうとしている電力は、もともとは「現在停止している原発」から生み出されている

エネルギーなのである。


該当地域の方々は大変な苦労を強いられていると思う。

交通機関・流通物流の麻痺、経済活動の停止、停電に伴う事故や治安の悪化、

なかでも医療機関の電力不足はわかりやすく人命に関わる大きなリスクとなる。

そんなリスクが全国的に広がっても良いのであろうか?


今重要なのは、事故の起きてしまった「福島第一・第二原発」の対応であり、

また、議論すべきは、「今後の原子力の安全かつ有用な運用のあり方」ではないでしょうか?


現在、一番目に付くのは「憶測での危険性の喧伝」。

起きた事象に関してすばやく情報を広げて対策するのは非常に重要だと思います。

最悪の事態を想定して備えるのと、最悪の事態を触れて回るのは全く別だと思います。


私は原発推進派でもなんでもありません。

原子力に変わるエネルギーが見つかれば、原子力発電は不要だと思います。

ただ、原子力発電で得られるのエネルギーは膨大です。

それに変わるエネルギーが簡単に見つかるとは思えないので、私は口が裂けても「原発反対」なんていえません。

だって私は電気使って生活してますから。

反対を口にする方々は、もちろん現実的な代替案をお持ちなのかもしれません。

そうでなければ、ただの感情論です。


「私が安全な場所にいて、被爆もしていないからこういうことをいえる」

と批判される方もいると思います。

しかし、当事者ではないから冷静に判断できるんだと思っています。



まだまだ書きたいことはありますが、このへんで。

短くまとめると

「無くすこと考える前に、安全な運用を考えよう。んで、今はそんなこと言ってる場合じゃない」

ってことです。


以上、中卒がお送りしました。
スポンサーサイト

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/03/17 16:58] | # [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

えむけ

おなまえ:えむけ
自給自足的な田舎暮らしに
憧れる今日この頃。
とか言ってたら田舎に行くことになったでござるよ。にんにん。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。